文型!O=Cの本当の意味と確認方法!(第3文型、第4文型、第5文型)

d435eeb3751d7b258d229da43ee646cf

 

 

 

前回は第1と第2の文型を話したよ!


 


あと3つだね!

 

早速、次に進もう!


 

スポンサードリンク




 

第3文型とは!S≠Oの確認方法

 

夕食に魚があって「僕はこれを食べる」と、言葉の力を借りないで伝えるにはどうする?


 


そうだな~、誰についての話なのかを伝えるために、まずは自分を指差して、食べる動作をすれば、「僕、食べる」が分かるかな~。

 

じゃあ、「何を」ってなるよね。


 


だから最後に食べ物を指差すと「何を」が伝わる。

 

そうだね。「僕、食べる、これ」が相手に分かりそうだね。


 


良かった!

 

「この魚」に相当する文の成分は「目的語」と呼ばれているよ。
 
だからS+V+O(主語+動詞+目的語)になっているよ!


 

「僕、食べる、これ(この魚)」はS+V+Oで、これが第3文型だよ!


 

第3文型の目的語は「何を」に当たる部分で、主語ではなく動詞を補っているんだ。


 

つまり、3文型のSとOにはイコール関係が成り立たないよ!


 

 
「SとOはイコールではない」を確認
 
Konanコナン kicked蹴った the ballボール.」
(コナンはボールを蹴った。)
 
Be動詞に変えてみる
「*Konanコナン is存在する the ballボール.」
(コナンはボールです。/コナンは存在する。コナンはボール。)
 
意味が通じない文になるのでCではないと分かるよ!

 


なるほど、主語の補語になっていないと言う意味だね!

 

そう、イコールは主語を補っている場合だけに成り立つんだよ!


 


オーケー!

 

残りの2つも見ていこう!


 

第4文型とは!

 

第4文型は「私、あげる、あなた、これ」のように、
「あげる」、「送る」、「伝える」、「売る」など誰かに何かを移動させるような動詞の後に目的語が2つ来るよ!


 


つまり、「目的地」に「目的の物」を移動させるような場合だね!

 

そのとおり!
 
次のようなケースもあるよ!


 

「かれ、教える、あの人、道(と言う情報)」のように、情報を移動させることもある。
 
「あなた、取る、私、それ」のように、ものを移動して欲しい場合もある。
 
「私、聞く、彼、道」のように、情報を移動して欲しい場合もある。

 


これはS+V+O+Oだね!

 

そのとおり!


 

じゃあ、次行くよ!


 

第5文型とは!O=Cの確認方法

 

第5文型は「私(は)、する、あなた(を)、幸せ(に)」のように、
人や物と状態の関係をどうするのかと言う動詞の後に人と状態、物と状態のように使われるよ!


 


確かに、移動はなさそうだけど、第4文型との違いが分かりにくいね。

 

実は見分ける簡単な方法があるんだ!


 

第5文型は「人や物」の「状態」を扱うので「人や物」と「状態」の間にbe動詞を入れると文章が成立ち、つまりO=Cの関係になるよ


 

 
O=Cの確認方法
 
第5文型(状態型)
「I`ll make you happy(私、する、あなた、幸せ)」
→「You are happy.(あなたは幸せです)」。文章が成り立つ。
 
第4文型(移動型)
「I`ll give you the banana.(私、あげる、あなた、バナナ)」
「*You are the banana(あなたはバナナです。)」では意味を成さない。

 


じゃあ目的語の補語になっているからO=Cってことか~。

 

そうなんだけど、これも元はOとCに主語と述語の関係が成り立っているので意味が通じる文章になるってことなんだ。


 

つまり、O=CとはOが主語でCが述語の関係が成り立つものを言い、
O≠Oは主語と述語の関係性が成り立たないものを言うよ。


 

第4文型と第5文型の違いを別の視点で説明!
 
第4文型とは
主語+述語動詞+目的語+目的語
 
Goku gave与えた Gohan a piece一粒 of Senzu仙豆 .
(悟空は悟飯に1つ仙豆を与えた。)
Gohan≠Senzu
 
Goku悟空 taught教えた Gohan悟飯 martial ar武術ts.
(悟空は悟飯に武術を教えた。)
Gohan≠marcial arts
 
第5文型とは
主語+述語動詞+第2の主語「第2の主語」の述語
 
Kazuya和也`s death madeさせた Tastuya達也 sad悲しい.
(和也の死が達也を悲しませた。)
Tastuya is sad.(Tastuya =sad.)

 


第二の主語と述語、わかりやすい!

 

スポンサードリンク




 

文型!S=Cの意味と確認方法!(第1文型と第2文型)

5fafb7abe8145bae007a059dd39c742f

 

 

前回は英語には順番と形と音が大切と言う話をしたけど、今回はどのような順番で話すのか説明するよ!


 

文の型は5つしかないから簡単だよ!


 

今回は2つの文型を説明するよ!


 

スポンサードリンク





 

第1文型とは!

 

もし言葉の伝わらない相手に何か伝えたいことがある場合、どうすれば伝わるかな?


 


翻訳機があれば伝わるよ!

 

じゃあ、翻訳機がない場合は?


 


ジェスチャー!

 

そうだね、意思の疎通は言葉が生まれる前から可能だったと仮定すると、身振り手振りでなんとか伝えようとしたと考えられるよね。


 

「僕は歩くよ」

 

と言いたい場合どんなジェスチャーで伝える?


 


自分を指差して、「僕」、その後で、歩く動作を見せて「歩く」ってやれば伝わるんじゃないかな?

 

そうだね、相手にはきっと「この人は歩くと言いたいのだな」って分かってもらえそうだね。
 
今のジェスチャー「私、歩く」が第1文型だよ。


 


えっ!

 

「歩く」だけでは登場人物が2人いるから伝わらない可能性があるでしょ。


 


「僕」と「伝えたい相手」の2人いるからだね。

 

うん。つまり、いちばん大事なのは主人公(人称)が誰なのかを伝える必要があるんだ。


 


そっかー。

 

だから、5つの文の形はどれも主語を1番にもって来るんだよ!
 
そして、次に述語を持ってくる、これが基本的な形なんだ!


 


「歩く」って言う動作を持ってくるんだね。

 

英語は主語の後に動詞を持ってくると言われるんだけど、厳密には主語と述語は「文の成分」動詞は「品詞」だから、主語の後に述語動詞を置くと言うのが正しい!


 

とは言っても世界共通で「主語+動詞」って教えているから、僕も便宜上「動詞」と言うよ!


 


第1の型は「主語+動詞」だね!

 

私、歩く」はS+V第1文型

 

第2文型とは!S=Cの確認方法!

 

じゃあ次に行くよ。
 
今度は「(捕ってきた)この魚は大きい」と言いたい場合はどうする?


 


何についての話なのかを言う必要があるから、まずは「この魚」を伝えるために魚を指でさすかな。

 

そうだね、まずは「この魚」が主語になるね。


 


今度は体全部で動作をして、「大きさ」を表現すれば伝わりそうだね。

 

うん。「この魚、大きい」が伝わる。

 

これが第2文型だよ!


 


でも、主語の後に動詞がないよね。

 

良いところに気がついたね!「大きい」は述語ではあるけど、動詞ではないよね。
 
そこで、誕生したと考えられるのが連結動詞と言われる状態を表す動詞を入れることなんだ。


 

ここではbe動詞と呼ばれる動詞を置くんだよ


 


Be動詞?

 

英語の先祖を辿ると「存在する」「立っている」などの状態を意味していた動詞を「この魚」と「大きい」の間に入れて繋いだんだよ!

 

その結果「Thisこの fish is存在する big大きい(主語+be動詞+補語)」と言う形ができあがったんだ。
 
「存在する」は述語だけど、日本語では不自然だから「です」に当たると解釈をするんだよ。


 


なるほど、「大きい」は補語で、「魚は存在する。魚は大きい。」と考えれば良いね!

 

そう!主語を補っている単語とそれをつなぐ連結動詞があるのが第2文型の特徴だよ!


 

この魚存在する大きい」はSVC第2文型

 

この連結動詞にはbe動詞の他に「なる」を意味するbecomeがあるよ!


 

連結動詞(linking verb)

 :人や物とそれらの性質をつなげる状態を表す動詞のこと。
 
「~になる」を意味するbecome、get、turn
「~に見える」を意味するlook、seem、appear
「味がする、匂いがするなどの感覚」smell、taste、sound、feel
 
出典
 
補語は主語を補う役目があるから、主語=補語(S=C)と言われているんだ。

 


S=Cの関係が成り立つかどうかは、どこで判断するの?

 

良い質問だね!動詞をBe動詞に置き換えた時に意味が成立している時にS=Cと言うよ!


 

 
S=Cの確認方法!
 
Konanコナン becameなった a detective探偵.

(コナンは探偵になった。)
 
be動詞に置き換えてみる
 
Konanコナンisですa detective探偵.
( コナンは探偵です。)

 
意味が通じるからS=C

 

なるほど、be動詞(です)に置き換えても意味が通じるね。

 

うん、逆に言えば、be動詞に置き換えて意味が通じれば第2文型って分かるよ!
「この魚、大きい(です)」は「S+V+C」で第2文型だよ!

 

第1文型と第2文型のまとめ

 

まとめ

 
第1文型
私、歩く」はS+V
 
第2文型
この魚存在する大きい」はS+V+C
 
第2文型はS=Cの関係のこと!
どんな動詞でもBe動詞に変えてみて意味が通じる文になればS=Cだよ!
 

 

スポンサードリンク





 
 

英語の基本は順番と形と音!

d5cdcd609effbbab1a6dddc1bccf34a3

 

今回のトピック

 
英語の基本は順番と形と音!

 

英語の基本は順番と形と音!

 

英語と日本語は基本的な仕組みが違うんだよ。


 

悟空は悟飯に武術を教えた

 

これを英語にすると、


 

Goku悟空 taught教えた Gohan悟飯 martial ar武術ts
悟空→教えた→悟飯→武術

 

こんな順番に単語を並べて行くよ。


 

日本語の場合、並び替えた時に


 

悟空は武術を悟飯に教えた

 

としても意味が不自然なく通じるでしょ。


 

それは、「は」「に」「を」などの助詞があって単語を入れ替えても意味が理解できる言語だからだよ。

 

でも英語には助詞がないから、入れ替えると意味が通じなくなるんだ。


 

つまり上の英文では


 

誰が→教えた→誰→何

 

の順番で固定されていて、そこに動詞と名詞を置いて行く方法だよ。


 

だから、入れ替えるとこんな意味になるよ。


 

Goku悟空 taught教えた martial ar武術ts  Gohan悟飯
悟空が→教えた→武術→悟飯
日本語の「に」や「を」で補うとこうなる

 


意味が変だ!

 

助詞がないから、基本的に置き換えはあまりないけど、次のような置き換えテクニックを使った表現があるよ。

コナンは小さいです。

 

これを英語にすると、


 

Konan is small

 

になる。それじゃあ、日本語の文「コナンは小さいです」をクエスチョンマークの文に変えてくださいと言われたらどのように変えればいいかな?


 


「コナンは小さいですか?」にすれば良いんじゃないかな?

 

そうだね。肯定文の最後に助詞(終助詞)の「か」を入れると良いよね。
 
英語は順番で表現する言語だから上の文章の順番を変えてクエスチョン文を作るよ。


 

Is Konan small?

 

単語を入れ替えることを倒置と呼ぶんだけど、終助詞「か」が無い代わりに倒置を使った表現をするよ。


 


倒置が起きているから疑問文って判断するんだね!

 

そのとおり。英語は順番を重んじる言語なんだ。

 

そして、助詞がないから、話者の視点から見た主人公の立っている時間によって動詞自体を変化させる必要があるよ!


 

現在のこと
 
「僕は東京に住んでいる。」
「I live in Tokyo.」(僕が話す主人公は現在の僕)
 
過去のこと
 
「僕は東京に住んでいた。」
「I lived in Tokyo.」(僕が話す主人公は過去の僕)
 
「スパイダーマンはニューヨークに住んでいた。」
Spider-Manスパイダーマン lived住んでいた in空間 New Yorkニューヨーク
(僕が話すのは過去のスパイダーマン)
*今も住んでいるらしいよ。

 


でもなんとなく日本語の変化と似てるね。

 

これは動詞の基本形(原形)に-dをつけただけなので、分かりやすいけど、こんなのもあるよ。


 

僕は(毎日)お米を食べる。
I eat rice (every day).
(íːt:イート)
 
僕は(昨日)お米を食べた。
I ate rice (yesterday).
(éɪt(米)/ét(英):エイト/ト)

 

主人公のいつの行為なのか(また誰の行為なのか)はっきりさせる目的で母音を変えるんだ。


 


今の事と昔の事で動詞の形や音を変えるんだね。

 

そう言うこと!母音の変化を母音交替と言うよ!


 


順番を変えないで、音を変えるのが英語の特徴だね!

 

そして、順番が変わるときは何か違う意味を持っていると言うのも特徴だよ!


 

古英語*では日本語の格助詞「てのをは」のように格によって名詞を活用させていたから、語順の自由度がまだ高かったと言われているよ!その代わり今よりも覚えるのがずっと大変だったんだよ!


*古英語(西暦450~1100年くらい)
 

スポンサードリンク




 

人称代名詞の「格」の意味!登場の仕方が違うだけ!

de1598ee420733e5986d38fa7fc46951

 

今回のトピック

人称代名詞の「格」の意味が5分で分かるよ!
 
人称の「格」変化のまとめ

 

人称代名詞の「格」の意味

 

前回は人称という考えを説明したよ!


 


登場する人に順番を付けているんだよね!

 

今回は登場の仕方によって人物の形が変わるという話をするよ!


 

例文

僕は彼女を愛している。

 

ここに登場人物が2人いるでしょ。


 


僕と彼女!

 

でも「僕」と「彼女」では登場の仕方が違うの分かるかな?


 


なんとなく違うのは分かるけど、何が違うんだろう?

 

「僕」は主語として登場をしているけど、「彼女」はそうじゃない。


 


うん、確かにそうだ!

 

「彼女」は愛される対象として登場しているよ!


 

つまり、「彼」と「彼女」では登場のケースが異なるということになる。

 

ここで、「彼」は主語、「彼女」は目的語(目的語は文型で話すよ)として登場している!


 


そのケースの何が大事なの?

 

「彼女は」のケースと「彼女を」のケースでは形が違うでしょ?


 


「は」と「を」の違いがあるね。

 

つまり英語でも登場のケースによって形を変える必要があるんだ。


 

「彼女は」なら主格、「彼女を」なら目的格、「彼女の」なら所有格と言うように格(case)によって単語の形が変化するんだよ!


 


そういうことか!

 

これは「彼女」に限らず、登場人物(人称)ごとに使い分ける必要があるんだ!

 

それをまとめるね!


 

人称の「格」変化の一覧とまとめ

 

人称の「格」まとめ

 
主格→所有格→目的格への変化
 
1人称単数
僕は/僕が(I)、僕の(My)、僕を/僕に(Me)
 
2人称単数
あなたは/が(you)、あなたの(your)、あなたを/に(you)
 
3人称単数
彼は/が(he)、 彼の(his)、彼を/に(him)
彼女は/が(she)、彼女の(her)、彼女を/に(her)
それは/が(it)、その(its)、それをに(it)
 
1人称複数
僕らは/が(we)、僕らの(our)、僕らを/に(us)
 
2人称複数
あなた方は/が(you)、あなた方の(your)、あなた方を/に(you)
 
3人称複数
彼らは/が、彼らの、彼らを/に
彼女らは/が、彼女らの、彼女らを/に
それらは/が、それらの、それらを/に
 
3人称複数はすべてthey、their、them

 


たくさんあるね。

 

これらの格とは別に所有代名詞(mine僕のもの)と再帰代名詞(myself僕自身)という人称の変化もあるけど、格と比べて使用頻度がずっと低いから、また別の機会に説明するね!


 

スポンサードリンク




 

人称代名詞の「人称」とは?まずは話者と主語の違いを意識しよう!

minion-2

 

人称代名詞とは?

 ・人称代名詞の人称という考え方を5分で理解できるよ!
 
人称の一覧とまとめ
 

 

今日から英語の話をするよ!


 


アルファベットは分かるよ!

 

今日は英語の導入編として「人称」をやるよ。


 

人称代名詞

 

人が会話をする時に、文章の中には必ず主人公がいるでしょ。


 

例文

上杉達也くんが言います。
 
➀「僕は上杉達也です。」
 
➁「君は僕の弟です。」
 
➂「彼女は隣に住んでいます。」


この例文➀~➂には違う主人公が3人ってことだね!

 

ここで注意して欲しいのは、話しているのは全部上杉達也くんだよ。


 


達也くんが話者で会話中の主人公が全部違うと言うことだね。

 

そのとおり!

 

上杉達也くんはあくまでも話者ということをしっかり意識してね。

 

主人公のことを主語と言うよ。

 

これも今後の話の中でしっかり区別をしよう!


 


分かった!

 
 

英語では主語の「主人公がだれか」によって文法上の呼び方が違うんだ。

1人の場合

 
➀第1人称(first person)は話者自身「僕」
 
➁第2人称 (second person)は話をしている相手「君」
 
➂第3人称(third person)は「僕」と「君」以外の第3者「彼女」

 


会話の中に出てくる第1の人物、第2の人物、第3の人物ってことだね。

 

あくまでも主人公のことだよ。


 

➀~➂の主人公はそれぞれ1人ずつだけど、2人以上の場合もあるよ。

 

2人以上の場合

 
➃僕たちは双子です。
 
➄君たちは仲がいい。
 
➅彼らは他校の野球部だ。

 


なるほど。主語は1人じゃないね。

 

うん。➀~➂は単数、➃~➅は複数の人称と言うことだよ。


 

人称単数・複数

 
➀第1人称単数:僕、私=I
 
➁第2人称単数:君、あなた=You
 
➂第3人称単数:
彼女(She)、彼(He)、それ(It) 、これ(This)、あれ(That)
 
➃第1人称複数:僕たち、私達=We
 
➄第2人称複数:君たち、あなた達=You
 
➅第3人称複数:
彼女ら、彼ら、それら=They、これら(These)、あれら(Those)

 

見て分かると思うけど主語は人とは限らないよ。


 


犬が主語とか?

 

動物以外の物「ペン」「ノート」「ゲーム」「家」「喫茶店」とか、他には「イメージ」「考え」「忠告」も主語になり得る。


 

その場合はすべて「第3の人物」に「擬人化」されて単数か複数に分けられるよ。


 


生き物以外の見える物、見えないも物は「僕」「君」以外に分類されるんだね!

 

人称って訳されているけど、personは「人」と言う意味だから、会話の中の「登場人物」に順番を付けているだけだから簡単でしょ!


 

人称のまとめ

人称のまとめ

 
主語が1人の場合
 
人と初めて合ったら、きっと次のような流れになるよ!
 
僕はこういう者です。第一番目の主人公(1人称単数)
 
アタタのことを教えてください。第二番目の主人公。(2人称単数)
 
そこからそれ以外の話に移るから、第三番目の主語が必要。(3人称単数)
 
「人称」は、たったこれだけのことなんだ。
 
人称の数字の「第」は省略されて単に1人称、2人称、3人称と言うよ。
 
主語が2人以上の場合
 
僕たちはこんなグループです。一番目の主人公たち。(1人称複数)
 
あなた達のグループについて教えて下さい。2番目の主人公たち(2人称複数)
 
彼らはジャニーズです。3番目の主人公たち。(3人称複数)

 

スポンサードリンク