『セルライトの消し方』そのやり方、論理的な説明はされているの?

Hit the like button!

 

今日のトピック

女性の大敵と言われるセルライトとエステや肌に必要なコラーゲン摂取の効果を考えるよ!

セルライトを消すにはエステ?

 

昨日まこちゃんからセルライトを消したいからエステに言ってるって話を聞いたんだよ。

 

セルライトね〜。

 

何でも脂肪が固まって皮膚がボコボコするんだって。

 

セルライトってね、実は生化学的に起こりえない現象だからエステには効果がないよ。

そうなの?

この記事を読んでみて!

 

セルライトは、脂肪細胞が血管から離れてしまい、そこに老廃物などが付着している状態です。
血管から離れてしまっているので、栄養や酸素が行き届かず、全然燃えてくれないんです。
ではセルライトが落ちないと言われている原因はなんでしょうか。
また、セルライトがあると脂肪が燃えないのはどうしてでしょうか。

実はその理由はコラーゲンにあります。

コラーゲン=美容に欠かせないもの、というイメージがあるので意外ですよね。
浮遊した脂肪細胞は、とても不安定な状態なので、コラーゲンを大量に放出し、脂肪細胞をコラーゲンで包んでカプセル状に固めてしまうんです。

『なにこれ!いつもの脂肪細胞じゃない!
危険だからコラーゲンで固めてしまえー!』
という感じなんですね。

コラーゲンで包まれた脂肪細胞は、通常の脂肪細胞の2~3倍にも膨れ上がり、お肌の表面をボコボコさせてしまいます。
さらにコラーゲンで包まれていると、脂肪細胞には酸素が届かず窒息してしまいます。

つまりセルライトは窒息して死亡しているような状態なんです。

死んでいる状態の細胞なので、もちろん燃焼もされず小さくなるどころかどんどん大きくなってしまうんです。

出典:下半身だけ痩せるダイエット

 

セルライトの発生メカニズムが書かれているね。

 

でもね、、おかしいと思わない?

どこがおかしいの?

 

実はこの記事のテーマは「セルライトができる過程と解消法」なんだ。

 

でも解消できると言っているわりにはこのメカニズムがすごく矛盾しているんだよ。

ホント!?

 

まず、「脂肪細胞が血管から離れてしまいそこに老廃物が付着する」ってところ。

 

そもそも血流が届かないと脂肪は細胞に届かないし代謝自体が出来ないから脂肪を蓄える事が無くなるよね。

そっか〜。脂肪細胞が大きくなることは無いね。

 

その通り!ギネスに認定される様な人になると体重500キロを優に超えるんだけど、脂肪を蓄える機能が無くなるとしたら、無限に脂肪がたまってしまう様なことはあり得ないよね。

老廃物がどうとかこうとかって言うよりも脂肪が脂肪細胞に届くことの方が不自然だね。

 

それに酸素が届かないと細胞は壊死してしまうから、

太る=死んでしまう

って事になるよね。

燃えるとか燃えないとかの話では済まないね。

それから脂肪は遊離しても脂肪細胞は遊離しないよ。
 
そもそも遊離してるとしたら、その中の脂肪だけリンパに流して解消なんて無理があるよ。

 

それと中間代謝物が溜まることがあっても老廃物は溜まるものではないんだ。

 

老廃物は基本的に体外に排出されるもので、老廃物がたまるとすれば肝機能や腎機能に重大な問題がある時だね。

へ〜。そう言えば、老廃物を体の外に出すためのマッサージなんかもテレビで見たよ。

 

老廃物は例えばオシッコに出てくる成分だから、そんなものが体内に溜まっているとすれば病気で死んでしまうよね。

テレビって間違ったことばっかり放送するんだね。

 

それがテレビだけじゃ無いんだよ。

 

それを見た視聴者が記事にしてネット上に拡散するから、この記事も含めてネット上でもオカシナ情報が多いんだよね。

他にはどこがオカシイの?

 

コラーゲンが遊離した脂肪細胞を固めるってとこだね。

脂肪細胞は遊離しないからでしょ?

 

コラーゲンの摂取は効果あるの?

 

それもあるけど、そもそもコラーゲンは繊維状のタンパク質で必要な場所で生合成されるものだからね。

 

これでは脂肪細胞もコラーゲンも遊離してる話になってるよね。

 

そしてお肌の為にコラーゲンを摂取するって話があるけど、タンパク質と言うのは摂取してもアミノ酸に分解されてアミノ酸プールに入るから摂取してもまたコラーゲンになるとは限らないんだよ。


アミノ酸プールのトピックだよ!


 

なるほど〜!

コラーゲンを摂っても効果はないのか〜。

 

じゃあセルライトって一体何なの?

 

ただの脂肪と繊維だよ。次の記事を読んでみて!

 

“「Cellule(細胞)+ ite(鉱物)」の合成語としてフランスで生まれたと言われている。

1973年、ニューヨークのエステティックサロンの経営者であるニコール・ロンサードがセルライトについての本を書きベストセラーになったことから一般に広く知られるようになった。

日本においては日経産業新聞、1996年の記事でセルライトが紹介されている。関係業界やマスメディア、特にテレビの健康番組を通して2000年代以降日本でも一般に流布するようになった。

医学的には、セルライトが原因とされる肌の凹凸は、皮下脂肪が溜まった結果、肥大した脂肪細胞から分化している線維芽細胞が皮膚の方に引っぱられた状態に過ぎないというのが一般的な見解である。

病理的なものであるということには疑いがもたれており、健康な組織であるという見解が支配的である。

女性に多く見られるのは、もともと皮下脂肪が多いためであり、これらは病気や異常と見なされていない。”

出典:Wikipedia

 

2カ所だけ文字を濃くしたけど、大事なところだからしっかり押さえておいてね!

エステティックサロンの経営者が発信源って事だね?

 

本が手に入らなかったから、これは僕の推測なんだけど、この経営者は仮説を述べただけなんじゃ無いかな?

充分に検証されないうちに広まってしまったって考えてるワケだね?

 

そうだね。結局は検証によって凹凸のない皮下脂肪と構造に差がないって事が分かってきている様だからね。

2番目の濃い文字はどこが重要なの?

 

ここではまず「肥大した脂肪細胞から分化している繊維芽細胞」とその「線維芽細胞が皮膚の方に引っぱらられた状態」と言う部分だね。

まず分化とはその細胞が他の役割を持った細胞に分かれて行くことだよ。

 

例えば、同じ細胞から骨や筋肉や脂肪が出来る、こう言うのを分化と言うんだ。

なるほど、同じ細胞から同じものしか作れないと人体は作れないってことだね!

 

そう言うこと!ここでは肥大した脂肪細胞からってなっていて、脂肪細胞から線維芽細胞に分化するのは確かなんだけど肥大が条件とは書いていないんだよ。

じゃあ肥大しなくても線維芽細胞が出来るって事なんだね。

 

確証はないけど、痩せてる人にだって繊維芽細胞はあるからね。

それから、線維芽細胞の絵を見てもらえるかな?


出典:ドクターズオーガニック

 

線維芽細胞は皮膚を引っ張れないんだ。
 
引っ張るとしたらコラーゲン繊維やエラスチン繊維しかないよね。

ホントだ!!

 

ビックリでしょ!この絵は皮膚の真皮に当たる場所で、この上が表皮、下は皮下組織で皮下脂肪が位置しているんだ。

へ〜。この繊維が皮膚を引っ張る力が強いと凸凹するって事になるの?

 

この記事を手掛かりとするなら、そう言うことだね。

セルライトって消せるわけではないんだね〜!

 

ピンポン!

最後にこの記事を読んでみて!

“セルライトとは
セルライト除去には何をすればいいのでしょう。

ニコールロンサードはニューヨークでエステを行っていた人物ですが、この人が書籍の中で広めたものにセルライトの存在があります。

当時アメリカでベストセラーなった為にセルライトは一般に認知されるようになったそうです。

日本にセルライトという単語が広まったのは2000年以降の話で、テレビの特集や美容業界などを起点に多くの人に知られるようになりました。

セルライトという単語は「Cellule(細胞)+ ite(鉱物)」という2つのフランス語からきており、ニコール・ロンサードが広める前の頃からあった言葉のようです。

下腹部やお尻、太ももなどの脂肪が溜まりやすい場所にセルライトがあることが多く、その形状からオレンジピールスキンという呼び方をされる場合もあると言われています。

脂肪細胞に老廃物や水分が溜め込まれ、固まり通常の脂肪細胞の2~3倍に膨れた状態のことをセルライトと呼んでいます。

医学的にはセルライトの状態を、皮下脂肪が溜まり、塊となった脂肪細胞を分けている繊維芽細胞が活発に働き、皮膚の方へ引っ張られたものとしています。

皮下に存在する線維芽細胞とはコラーゲンやエラスチンといった肌に必要な成分を生成してくれる細胞のことです。

肌に問題が起きた時に解消をすることが、線維芽細胞が担っている役割です。

セルライトとされているものは繊維芽細胞の働きとして全く問題のないものであるため、医学的にはセルライトとは疾患ではなく、医学用語にもありません。

セルライトという単語は、サプリメントやエステサロンといった美容の世界で多く使われ、解消の必要があるものとして扱われているようです。”

出典:正しい美容法で美しくなろう

 

アレ〜、さっきと同じことが書いてある!!

この記事はね、最初の記事をコピーしてるだけだよ。


 

なんでわかるの?

少しは自分の言葉で書こうとした形跡があるけど、分化の意味を理解していないのが分かるでしょ。

脂肪細胞を分けている線維芽細胞って書いてあるね。

 

そう言うこと!だからコピーだって分かるんだ。

何も知らない人が見たら信じてしまうね〜!


 

検索順位が上にあるから困るんだよね。気をつけなきゃね!


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です