英語のtheとa!可算名詞に付けるtheを5分で攻略!

Hit the like button!

 

 

英語のtheとa!theを付ける感覚を5分で攻略しよう!

 

犬全般Dogsからどれでも良い1匹を話題に出す時(特定しないけど、数匹ではないことを言いたい場合)にはA/Anを名詞の前につける、と言うのが前回の話だったね。


 


dogをA dogにすれば良いんだよね!

 

じゃあ、「その犬」はどんな犬が対象か分かるよね?


 


目の前の犬!

 

その場合は「この犬」って言うかな。遠くの犬が対象なら「あの犬」って言わない?


 


そっか~。

 

一度話題に出た犬について話す時に「その犬」って言うでしょ!


 


確かにそうだ!

 

つまり、犬全般から1匹話題に取上げたのが、A dogで、「その犬」について更にどんな犬なのか言いたい場合は、


 

DogをThe dogにする。

 


なるほど。Theが「その」を意味するんだね。

 

AとTheの違いは、「自分」と「話す相手」との間に共通の認識があるかどうかだけ。相手に「その」と言っても分かる場合は話に出ていなくてもTheを使って良いんだよ!


 

「トイレを貸して下さい」
「窓をしめて下さい」

 

例えば、このような場面では「どのトイレのことですか?」か「どの窓ですか?」と聞き返さないでしょ?


 


うん、大抵1箇所しかないか、一番近くのトイレのことだって分かりそうだし、見える範囲に空いている窓があるだろうからね。

 

他にも、


 

「車が壁にぶつかったけど、ドライバーは無事だった。」

 

ここではドライバーは「その車に関係する人」だと分かるからa driver ではなくthe driverとしたほうがいいんだよ!


 

このように相手が聞き返さないだろうと予測がつく場合にはTheをつけて大丈夫なんだ。


 


Aは共通認識がない時に名詞につけるんだね。

 

会話のはじめに「その犬がね」と言っても伝わらないからね。


 


「どの犬?」ってなるね。

 

そう、まずは全般から「ある1匹の犬がね」と言う必要があるよね。


 


確かに日本語「その」では相手が知っていることを前提としているね。

 

だから目の前の犬を「その」と呼ぶのも共通認識がある場合に限定されるよ!


 


そうすると、Aはそれぞれの名詞が登場する1回だけしか使わないってことだね。

 

そういう事!


 


AとかTheで指定しないとどうなるの?

 

良い質問だね。

 

指定がないと、「誰の」、「何匹の」、「どんな」が分からなくなってしまう。


 

これは動物としての性質を失った犬を意味することになるんだ。


 

動物の性質を失った犬は「犬の肉」の意味になってしまうんだよ!


 

それぞれ異なる意味がある

Dogs:犬全般、犬というもの。
 
A dog:「話し相手の知らない1匹の犬」を「犬というもの」から会話に選ぶ時、ある犬。
 
The dog:「相手の知っている1匹の犬」を「犬というもの」から会話に選ぶ時、その犬。
 
His dog:「相手が知っているか知らないかは不明」だが「犬というもの」から彼の犬を選ぶ時。
 
Some dogs:犬というものから選んだ数匹の犬。
 
Dog:「数えられる犬」から「数えられない犬」になる。犬の肉の意味。

 

だからどの犬か指示して伝えることがとても大事なんだよ!


 


へー、動物の性質がなくなるのか!

 

輪郭がなくなるとも言えるね。


 


輪郭がないから数えられないの?

 

そうだよ。例えば「空間」って言う単語は輪郭がないから数えられないでしょ。


 

これは英語でroomって書くんだけど、空間を区切ると数えられる名詞「部屋」という意味になるんだ。


 


なるほど、同じ単語だけど、輪郭があるかないかで数えるかどうかが決まるんだね!

 

区切って空間を限定することで「どんな空間(部屋)」「誰の空間(部屋)」なのかが、はっきりするというのが冠詞を含めた限定詞の特徴なんだよ!


 

次回は数えられない名詞を詳しく説明するね!


 

スポンサードリンク