『基礎代謝を上げると痩せる』に隠された意外な事実

Hit the like button!

 

今回のトピック


基礎代謝を知れば、減量後に太らない理由がわかるよ!
基礎代謝って何?
基礎代謝の測り方、計算式はどれが正しい?

 

スポンサードリンク




 

あのね。ケンジ君が最近ジムに通っているんだって。

そう言えば、半年前に運動不足だって話をしてたね。

 

筋トレや有酸素運動、ダイエットを始めてから3カ月で減量したんだって。
 
でね、脂肪を落として筋肉が増やしたら基礎代謝が上がったって喜んでたよ。

そっか〜。

 

でもそれで一喜一憂するしないほうがいいと思うな。

 

え、何で一喜一憂がダメなの?

それは基礎代謝がどう言うモノか調べれば分かるよ。


 

基礎代謝って何?

 

基礎代謝量とは

生命維持に必要な最小エネルギー量。

 

呼吸循環器・消化器系の運送に必要なエネルギー、骨格筋の筋緊張維持に必要なエネルギー、体温の維持に必要なエネルギ、神経系の伝達に必要なエネルギーなどの総和である。

 

早朝空腹時に快適な室内(室温)において、安静仰臥位・覚醒状態で呼気ガスを分析することが一般的である。

 

ほとんど全ての化学的、物理的変化は熱の出入りを伴う。

 

生体内に取り込まれた炭水化物、脂質、蛋白質は、代謝されてエネルギーを産生する。この代謝反応の過程で、熱が生じることから、熱量測定によって、エネルギーを算出することができる。

 
 出典:運動療法学第2版(市橋則明;京都大学教授編集)

 

生命維持のための最小エネルギー?

そうだよ。

 

エネルギーは僕たちで言うエナジーだね。

 

僕たちRoboに例えると電源を入れて何もしていない状態の消費電力の事だよ。

 

なるほど動いたらダメなんだね。

 

その通り!
 
 でも人間は動いていない時にも体内で複雑に動いているんだよ。

 

ヘェ〜。何が動いてるの?

呼吸循環器って書いてあるけど、呼吸は分かるよね。

 

息を吸って肺に酸素を取り入れて息を吐いた時に二酸化炭素が出てくるのが呼吸だよね。

 

うん。じゃあなんで酸素が二酸化炭素に変わって息の中に出てくるか考えてみるよ。

 

まずは吸った息の中に含まれる酸素が血管を通って細胞に届けられるよ。

 

ふむふむ

 

筋肉つまり、細胞は活動するエナジーの元になる糖、脂肪、アミノ酸を使うよ。
 
 エナジーを作る時には、細胞の中にいるマイトコンドリオンが細胞に届けられた酸素の中から必要最小限の酸素を使って二酸化炭素と水に分解するんだ。
 

出典:WIKIPEDIA

 この二酸化炭素が今度は血液の中を旅して肺まで戻って来るんだよ。

 

そっか、酸素が細胞の中で二酸化炭素に変わるんだね。

 

そう、そして吸った息が吐かれるまでの血液循環を呼吸循環と言うんだ。
 
 ただし、一回の呼吸で循環して戻ってきている訳では無いからね。
 
 一般的には肺を呼吸器、心臓や血管やリンパ管を循環器って言うんだよ。

 

さっき動いているって言ったのは呼吸器と循環器の事なんだね。

 

それだけじゃ無いよ!
 
 消化器は食べたものを消化する器官の事だから、口から食道を通って胃袋に行って腸を含めた器官の事だね。

なるほど、消化器も動いているんだね。

 

そう言う事!
 
 因みにだけど、口の中の唾液にはデンプンを分解するαアミラーゼと言う消化酵素があるからね。
 
 消化は口から始まっているんだよ。

人間の体の中は忙しいんだね!

 

呼吸器や循環器、消化器を動かす為には自分の意思とは関係なく神経伝達物質がいろいろと活動しないといけないんだ。

 

ロボの体に電気が常に流れているみたいなものだよね。

 

そうだね。
 
 それに血液を通してホルモンと言う信号を送る役割の物質も動いているよ。
 
 ホルモンが正常に分泌される事で体の調整が保たれるし、多くても少なくても病気になるんだ。

 

人間の身体の中ってなんか凄いね!

 

骨格筋は骨の周りに付いている筋肉で簡単に言えば自分の思い通りに動かせる筋肉なんだ。

 

知ってる!トレーニングで鍛える筋肉だね。

 

その通り!心臓や胃や腸や血管にも筋肉はあるけど、思い通りに動かせないんだ。
 
 ちょっとだけ心臓止めてみようとか胃を動かしてみようとか思っても出来ないんだよ。

 

僕たちは、お休みモードで電源offに出来るのに不便だね。

 

それに今から体温をを37度にしようとかも出来ない。
 
 それは自分の思いとは切り離されている運動だからね。

 

そっか〜。何もしなくても何も考えなくても体内ではいろんな活動をしているのか〜。

 

そしてこの様な運動に使う最低限必要なエナジーが基礎代謝になるんだ。

 

それが、呼吸循環器・消化器系の運送に必要なエネルギー、骨格筋の筋緊張維持に必要なエネルギー、体温の維持に必要なエネルギ、神経系の伝達に必要なエネルギーってところだね。

 

その通り!自分の意思とは関係なく、休んでる間にもずっと電力の消耗をしてるんだ。
 
 そして、生命を維持する為の最小消費電力が人間の基礎代謝と言うモノなんだよ。


 

スポンサードリンク




 

基礎代謝の測り方、計算式はどれが正しい?

 

基礎代謝の事が分かったよ!

 

重要なのは測り方だよ。
 
 基礎代謝は早朝空腹時に快適な室温と言うのはお腹が減った状態で測るのが基本。

 

生命を維持するだけの「エネルギー量」だからだね。

 

そう。食べた後では消化吸収の運動のためにエナジーを使うからね。
 
 食べるモノや量によって運動量が違うから、基礎の代謝とは言わない。

 

そっか〜。

 

また室温が1度変わっても体温調節の為のエナジーを使うから基礎の代謝とは言わない。
 
 安静仰臥位、つまりじっと動かないで仰向けになった状態が基本、動いた時点でエナジーを使うからだよ。
 
 覚醒、寝起きが基本になるよ。(実際には試験場まで行く必要があるよ)

 

ボクも動かない時でも冷却システムが作動しているけど、動くと熱が上がるから冷却システムがイッパイ活躍するよ。

 

そうだね。冷却システムの一番使われていない状態と同じだね。

 

もう分かったね。
 
 基礎代謝を測るには室温管理された場所で空腹時(一般的に食後12時間後)の寝起きの仰向けの状態で慎重かつ大掛かりな測定をしないと測れないって事なんだ。

 

じゃあ、ジムに置いてある体脂肪率計なんかで計測される基礎代謝量というのは全く当てにならないんだね。

 

その通り!
 
 体脂肪率計に乗った時点で生命を維持する行為を超えてしまっているワケだからね。
 
 一般の人には基礎代謝はまず測れないんだよ。

 

じゃあ本来測定出来ないものをどうやって測るの?

 

凄く良い質問だね!
 
 それはね、基礎代謝を測る為の計算式が存在するって事なんだけど、その計算式は作った人の考え方に左右されるよ。

 

作った人の考え方?

 

例えばハリスとベネディクトって言う人物が作った計算式では体重と身長と年齢を入れて計算すれば基礎代謝が求められるんだけど、体重と身長が増えれば基礎代謝が増えて年齢が増えれば基礎代謝は減るんだ。

 

体重が増えたら基礎代謝が増えるって、脂肪でも筋肉でも増えればいいって事?

 

そう言う事!
 
 そこには脂肪とか筋肉とかって言う概念は無くて体重の重い方が代謝がいいってことになるね。

 

つまりハリスとベネディクトは筋肉とか脂肪って言う概念を考えないで計算式を作っているって事なんだね?

 

その通り!

 

Harris-Benedictの計算式
男性: 66.47+(13.75×W)+(5.00×H)-(6.78×A)
女性: 655.1+(9.56×W)+(1.85×H)-(4.68×A)
W:実測体重(kg)H:身長(cm)A:年齢(歳)

 

たしかに体重と身長は足し算で年齢は引き算になっているね。

 

色んな計算式があるんだけど、唯一脂肪と言う概念が入っているのは国立スポーツ科学センターの計算式だよ。
 
 その計算式では脂肪を取り除いた体重が大きい方が基礎代謝が高くなるんだ。

 

国立スポーツ科学センター(JISS)
 
 基礎代謝量=28.5×除脂肪体重(体重ー脂肪量)

 

なるほど、脂肪を減らして筋肉が増えれば基礎代謝が上がるのはここから来ているんだね。

そう、何故そのような違いが出るかというとね、、、
 
 ハリスとベネディクトは体重が増えても身長が増えても基礎代謝は増えて年齢とともに落ちるだろうと信じて計算式を作っている。
 
 一方でJISSは脂肪を減らして筋肉を増やせば基礎代謝は増えるだろうと信じて計算式を作っていると言う違いなんだ。

 

じゃあ、JISSの計算式は初めから脂肪を減らして筋肉を増やせば基礎代謝が増えるようになってるんだね。

 

あとはどっちの考え方を信じて付いて行くかって言う事だけだね。

そう、だからその計算式で脂肪が減って筋肉が増えたって喜ぶ意味なんてないよね。

 

それと、もしその考え方が正しいとしてもその減量状態を維持するには同じメンテナンスが必要ってことだよ。

 

納得!

ダイエットも運動も続けないといけないって事だね?

太らない様にするにはそれなりの食事制限(カロリー制限の意味ではないよ)と適度な運動の維持が必要って事だね!


 

スポンサードリンク