不可算名詞!可算名詞との違い!

Hit the like button!

 

今回のトピック

 
不可算名詞!可算名詞との違い!
日本人にも理解できる感覚の名詞一覧を説明するよ!

 

不可算名詞!可算名詞との違い!

 

前回の輪郭がある名詞(可算名詞)についてはなんとなく分かったかな?


 


大丈夫!

 

輪郭がない名詞(不可算名詞)を考えることで、輪郭がある名詞の理解が深まると思うよ!


 


輪郭がないから水は混ざるってことだよね。

 

混ざるから数ではなく量で測る、これがカウント出来ない名詞の特徴だよ!


 

カウント出来ない名詞その1

 
濃度で測る目に見えない気体はカウント出来ない。
 
air(空気)、smoke(煙)、gas(ガス)、fog(霧)steam(蒸気)、wind(風)等

 


空気は確かに数えられないね。

 

カウント出来ない名詞その2

 
量を測る液体はカウント出来ない。
 
water(水)、tea(茶)、beer(ビール)、wine(ワイン)、juice(ジュース)、coffee(コーヒー)、milk(ミルク)

 

 


確かに量で測るけど、「水1杯下さい」って言えないかな?

 

というのは水の入ったグラス・・・を数えているでしょ!


 


カウント出来ないってそういう事か!

 

同じように水はグラス単位でa glass of ,コーヒーはカップ単位でa cup of、ワインなら例えばボトル単位でa bottle ofのように容器に取り出して数えるんだよ!


 


液状ではカウント出来ないってことだね!

 

そのとおり!同じ理由で


 

oil(オイル)、gasoline (ガソリン)、blood(血)、rain(雨)、更に雨の延長でsnow(雪)

 

はカウントできない!(何かに入れて測る事はできる)


 

カウントできない名詞その3

 
個体だけど、個形ではないものは量で測る
 
sugar(砂糖)、salt(塩)、コショウ(pepper)、小麦粉(flour)、rice(お米)、砂(sand)

 


角砂糖やお米はカウント出来そうだよね。

 

角砂糖は「角〇〇個」が一種の単位で英語ではキューブ(a cube of)でカウントするし、お米はそもそも茶碗で食べる文化も米粒をカウントするような文化ではないと今は考えれば良いと思うよ!


 

料理の時はグラム数やスプーンで計量するから、砂糖自体にカウントの概念がないと言えるよね。


 


グラスで水を数えるのと同じだね!

 

だから、これと同じような理由で食材はカウントしないし、素材もカウントしない傾向が強いよ!

 

 
beef(牛肉)、butter(バター)、honey(はちみつ)、cotton(コットン・綿)、wood(木材)、wool(羊毛)、coal(石炭)

 

日本語でも「昨日は牛肉を食べたよ」に対して「どれくい(の量)?」って聞くでしょ。「パンにバターとはちみつを塗る」も数ではなく量として見ているよ!


 


「何でもいいからバター1コ買ってきて」って言うよ!

 

確かに日本人の感覚では、バターを1つの固まりとして見ているかもしれない。でも箱に示されているのはグラム数、つまり量ってこと。


 


「綿が飛んできた」や「羊毛で出来ている」も別にカウントの概念はないよね。

 

これは個体だけど、固形として見ていない混ざる概念だからだよ!


 

「カウントできない名詞その3」で紹介した名詞はすべて「量」を言えば確実に相手に通じる名詞なんだ!


 


そう言うことか!

 

だから「どれくらいの量?」って聞き返す必要があるモノはカウント出来ないってことだね。


 


そうすれば、「たくさん」とか「ちょっとだけ」とか「コップ2杯」とか「スプーン3杯」とか「何グラム」とかをカウント出来ない名詞につければ良いってことか!

 

そのとおり!日本語の感覚とそんなに違いないでしょ!


 

不可算名詞の使い方を、水を例に取ると、どこかにある輪郭のない水water(冠詞のない状態)から容器を使って量で取り出すってことだよ!
 
どこかのWaterからコップ1杯取り出す→a glass of water

 

カウント出来ない名詞をとり出せる詞

いくらか(some)  たくさんの(a lot of)(much)(a good deal with)(plenty of) 少し(a bit of)(a little) グラス1杯(a glass of) カップ1杯(a cup of)  ティースプーン2杯(two teaspoons of) 一部分(a piece of)1kg(1kg of) 1L(1L of) 1握り(a handful of)等

 

どう?
 
量が分かる器があって初めてカウントが出来る、これが不可算名詞の大きな特徴だよ!
   


 

スポンサードリンク




 

次回は日本人が不得意な数えられない名詞を説明するよ!!